完全マンツーマンの活用方法

周囲を気にせず自分のペースで学べるマンツーマン

受験や定期テスト対策など塾に通う理由は様々ですが、いずれにせよ学力を高めるために専門の授業を受けることが目的になります。塾にもさまざまな種類がありますが、個別指導塾の完全マンツーマンタイプであれば周囲の生徒を全く気にせずに、自分のペースで集中して学ぶ事が出来るのです。分からない箇所があっても集団で受けている授業であれば、その都度授業の流れを止めて質問をする事は簡単ではありません。不明な点をそのままにして授業が進んでいくと、その後の理解を深めていくことが難しい場合もあるのです。その点完全マンツーマンタイプの塾であれば、理解するまでに時間がかかる生徒に対しても、分からない箇所を丁寧にじっくりと指導して貰えます。マンツーマンタイプを上手く活用すれば苦手箇所をしっかりと克服したり、自分のペースで学びながら学力を高めていく喜びを見いだすこともできるのです。

生徒の性格を踏まえた個別プログラムが可能なマンツーマン指導

個別指導塾の完全マンツーマンは一人ひとりの生徒の成績はもちろんのこと、性格や意欲なども踏まえた個別のプログラム作成と指導が可能になります。他の生徒を気にせずにその一人の生徒のみに集中して授業をプログラミングする事が可能であり、指導中の理解状況を踏まえながら柔軟に授業内容を変更することもできるのです。例えば内向的な生徒であっても、その性格を踏まえてマンツーマンで同じ講師がしっかりと授業で関わる事ができます。マンツーマンの授業だからこそじっくりと関係性を築きながら、意欲を引き出したり授業に集中出来る環境を整えやすいのです。生徒の学力に応じて授業内容を調整することが可能なマンツーマンタイプは、苦手教科の克服や得意教科の強化など目的に合わせた個別プログラムを組んで目的に応じた授業を行えます。

中学生の塾は、中学3年生は高校受験対策が多くなりますが、1・2年生では中間・期末試験の点数アップを目標とし、基礎力固めが最終的に高校受験に実を結ぶという指導をしている塾が多いです。