一対複数人の講師のレベル

大学生のアルバイトが担当

個別指導塾では塾でありながら家庭教師のように講師が個別に指導をしてくれます。分からないところの質問などもしやすいので子供を行かせようとするときもあるでしょう。個別指導塾によって中身が異なるので、自分の子ともに合っているかどうかを調べたうえで行かせなければ行けません。講師一人が二人以上の生徒を見るタイプがあり、比較的リーズナブルな価格設定で利用できるところがあります。授業料を安くするには運営費を抑える必要があるので、講師は大学生のアルバイトが多いでしょう。一応講師になるための講習などがあるのでしょうが、プロではないので講師によって当たり外れが出る可能性があります。学校の授業を補助してもらう程度であれば問題なく利用できるでしょう。

特定の大学在学生や出身者が講師

全国には多くの大学がありますが、その中には入学するのが非常に難しい難関大学がいくつかあります。それらの大学に入学した人は勉強の仕方が分かっているのでしょうし、さらにその学校を卒業した人だとその学校の中身などを知っているかもしれません。個別指導塾において複数の生徒を見るタイプを利用するなら、所属する講師のレベルを事前に調べると良いかも知れません。難関と言われる学校を目指すなら、講師がどこの大学の在学生か、出身かを見るようにしましょう。親切な塾であれば講師のプロフィールを載せてくれていて、有名国公立大学出身者しかいないところもあります。志望校と講師の出身学校が一致するなら、合格のための勉強方法や学校の詳細を教えてもらえるでしょう。

中高一貫の塾は、中高一貫の多くが学習の進度が早いので、その進度に合わせて進められるコースが必要になります。